[良くなる]コトバ(7)「軸」と「目盛り」

[良くなる]コトバ(7)


 秦の始皇帝は、中国統一において多くのことを一つに定めた。
 中でも「文字」と「度量衡」の統一は、その絶大なる権力を支える
 大きな力になった。


[軸]と[目盛り]を定める。それを[等しく皆に使わせる]。


 それだけで、モノは動き、カネが流れるようになって、産業が盛ん
 になる。始皇帝はそのことを理解していたのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出典: 『ハカる考動学』 三谷宏治・著
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いっぱいある中で、「文字(軸)」と「度量衝(目盛り)」のルールを
 定めて、それを「皆に等しく使わせる」ことがキモだった。

 これは、海外子会社管理のときに、メチャメチャ使えると思います!

 例えば。
 「軸」を[基準]、「目盛り」を[程度]に読み替えてみて・・・

 『ウチの会社で評価されたければ、[プロセス]を大事にして下さい。
  (⇒[基準])
  会社の定めたルール通りの[プロセス]を守っていれば[3点]。
  会社のルール通りの[プロセス]を他の人にも広めている人が、
  [5点]です。(⇒[程度])』

 こんな風に「軸」と「目盛り」を定めてしまえば、全員が自己評価5点
 になってしまうようなことも減らせるのではないでしょうか。

 「何を[基準]に定めて、どの[程度]評価するのか?」

 これは、法律には何の定めもありません。
 会社が自由に定めることができます。

 「評価した結果、どうできるのか?(減給もできるのか?)」

 ココだけが、法律で制約されているだけ。

 [基準]と[程度]を定めて、[等しく使わせる]。

 会社をうまく支配していくための「重要なポイント」ではないでしょうか。

 コゾノ

コメントを残す

CAPTCHA