週刊[良くなる通信](06)[はじめの一歩]の法則

異国でも日本でも効果あり![共通]で使える「みんなのグローバル化」実践メールマガジン

週刊[良くなる通信](06)


●「はじめの一歩」の法則。

新しいことの「はじめの一歩」には、大量の「エネルギー」が必要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます!
小園です。

今週も、

 ● 今ある[人的資源だけ]で、お金もかけずに、
しかも、[カンタンに]、会社が[良くなる]方法

の時間がやってきました。

  ◎『 どのようにすれば、
コトバも常識も異なる中国人スタッフが、
思い通りに『 行動 』してくれるだろうか? 』

[第6回]をお送りします。
今回お送りするのは、[落とし穴]について。

ここをしっかり「認識しておくだけ」で、中国人スタッフに対する

『 なんで、できないの!?
やっぱり、無理なのか・・・ 』

という「ストレス」「イライラ」「あきらめ感」が、

『 次はこうすれば良いかも! 』

という「発見」に変わっちゃうかもしれません!

つい見落としてしまいがちな、その[落とし穴]とは??
[週刊版]メールマガジン第6号、ぜひ最後までご一読ください。

◎【 今日の[良くなる]ヒント 】━━━━━━━━━━━━━━◎◎◎

 ● 「はじめの一歩」の法則。

新しいことの「はじめの一歩」には、大量の「エネルギー」が必要

–《前回の復習》—————————————————-
● 『 複利のパワー 』を使おう!
「色々なことをやらせる・指導する」よりも、
「新しい『行動』の[1歩目]」の「修正」と「継続」が重要。
——————————————————————–
※ 前回・第5回をお見逃しの方は、コチラから

週刊[良くなる通信](05)[フクリ]は使いよう。


——————————————————————–
◎◎◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

前回(第5回)は、

●『 複利のパワー 』

のについてお話しました。

[元本+前日までの利息の合計]に同じ[金利]を加え続ける
『 複利のパワー 』を使えば、[勝手に成長してくれる]と
いうような「飛躍した結果」を得ることもできますよね、、と

いうお話でした。

—————————————————-
 ◎[元本]とは、して欲しい・新しい『行動』の[1歩目]
◎[前日までの利息]とは、1歩目の『行動』の[結果]

—————————————————-

そして、

—————————————————-
 ◎[金利]とは、『行動』の[教育プログラム]
 —————————————————-

に例えることができます。

効果の実証された[教育プログラム]とは、

 ● 高金利!

ということですね。

[高金利]を[複利]で運用すると、期間に応じて
[とんでもない成果]が出ることになります。

例えば、[能力が100]の従業員Aさんがいるとします。
このAさんに

● [月間]で[10%]成長できる[教育プログラム]

を「継続」すると「3年後」にはどのくらい成長することに
なるか??
・・・スゴイですよ。

5倍?
10倍?

いいえ。
なんと、

●[約31倍]

になっちゃいます。

[月間・10%]とは、月に20日間働くとすれば、、

● 1日わずか[0.5%]

でOKなんです。

[0.5%]を「8時間」の労働時間に換算すれば、

● わずか[3分弱]

です。

[1日3分]の時間をどう使うか??
これだけで、数年後の成果が大きく異なるってことです!

・・・とは言え。。

——————————————————–
 『 そんなの理論上でしょ?
現実として、そんなにうまくいくとは思えないなぁ~ 』
——————————————————–

というご意見、ごもっともです!
単純に「この計算通りになる」とは言えません。

ただ、今の段階では、、

●『 複利パワー 』が使えると、圧倒的に時間を短縮できる

という「可能性」だけ感じておいてください。

1日わずか数分の「カンタンな方法」であっても(=[金利]が高い)、
一定期間後に「感動的な成果」を出せる方法(=[複利パワー])はある、
と。

そして、成果を出しておられる企業さま、経営者の方は、ほぼ間違い
なく、この方法を活かした[仕組み]をお持ちです。

「うまくいかない」のは、[落とし穴]があるからです。
特に[大きな落とし穴]が[2つ]あります。

人間であれば、誰しも陥ってしまう可能性のある[2つの落とし穴]。
ワナが仕掛けられているのは、2ヵ所です。

●[初動]の段階
●[継続]の段階

今回は、[初動]に仕掛けられている[大きな落とし穴]ついて
お話していきます。

さて、実験です。

【 実験 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「自転車」に乗るとき、最もパワーが必要なのは?
「ボーリングの玉」を転がすとき、最もパワーが必要なのは?
「ロケット」を打ち上げるとき、最もパワーが必要なのは?

[いつ]でしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そうです!

  ● スタートのとき

[初動]ですよね。

「自転車」をこぎ出すとき、「フン!」と踏ん張りますよね。
「ボーリング」でも、「エイ!」と投げるとき力が要ります。
「ロケット」なんて、その重さのほとんどが「打ち上げ」る
ための「燃料」だそうです。

でも、いったん軌道に乗ってしまえば、そこまでのエネルギー
を費やさなくても良くなります。

「自転車」なんか、スーーーッと進んでくれます。

・・・この「当たり前」の話が、『行動』にも当てはまります。

みなさんが「普段からやっていること」だったら、
さほど「エネルギー」は要らない。

「日本語を話す」のに、エネルギー使ってますか?
「仲の良い友人と話す」のに、エネルギー使いますか?

でも、「普段と違うこと」だったら、どうでしょう?

「慣れない中国語を話す」ときは、どうでしょう?
「初対面の人と話す」ときは、どうでしょう?

「エネルギー」使いますよね。

私なんか、「初対面の人と話す」の、大の苦手でした。
相手が女性だったりなんかしたら、もう「オロオロ」で(汗)。。

「普段と違うこと」だけで、「エネルギー」消費します。
それが相手にとっては「初めて」だったら・・・。

そうです。

● メチャメチャ「エネルギー」が必要。

コレが、「当たり前」ですよね。

では、どうでしょう?

自分も「普段からできていること」「やったことあること」
だから、相手に「コレやっといて」と求めるときってない
ですか?

例えば、、

●「報・連・相」であったり、
●「そうじする」であったり、
●「整理・整頓する」であったり。

「コレくらいできるでしょう!」ということであっても、
相手が「初めて」だったら、

● 「最初(はじめの一歩)」に大量の「エネルギー」が必要

になるんですね。

「ダイエットする」
「筋トレする」
「語学の勉強する」

なんかも、つい「先送り」にしてしまいがちです。
思い当たること、ありませんか?

これは、「その人に能力がない」からではありません。
「やる気がない」からでもありません。
「ダメな人間だから」でもありません。

むしろ・・・

◎【 今日の[良くなる]ポイント 】━━━━━━━━━━━━━◎◎◎

  人間、誰しも「はじめの一歩」は、
「スグにできない」「先送りにしてしまう」のが、[普通]。

◎◎◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

です。

—————————————————————
「何を言ってるんだ!
私は、昔から新しいことには積極的に取り組んできたぞ!」
—————————————————————

素晴らしいです!
そういう方が『優秀』なんです。
できないのが[普通]なんですから。

(A):「できるのが当たり前」という[基準]だと、
● みんな「無能」に見えてしまう。
● できる人も「当たり前」なので「評価」されない。。

こんな「結果」になってしまいがちです。

でも、

(B):「できないのが当たり前」という[基準]だと、
●「どうすれば、できるだろうか?」という発想ができる。
● できる人を「素晴らしい!」と自然と「ほめて」いる。

こういう「結果」にするのは、さほど難しいことではなくなります。

あなたが「部下の立場」だったとしたら、どうでしょう?
(A)と(B)、どっちの「上司のコトバ」を聞きたいですか?

あなたが「上司の立場」だったとしたら、どうでしょう?
(A)と(B)、どっちの方が「ストレス」を感じますか?

なんだか、(B)の「視点・考え方」の方が、より良い「結果」に
つながっていそうな気がします。

『 自分ができるんだから、相手もできるだろう 』
『 このくらいできて「当たり前」でしょう 』

これが、[落とし穴]です。
できないのが、[普通]なんです!

できなくても、自分を責めないでくださいね。
できなければ、「違う方法」を試せば良いだけ、、ですから。

例えば、こんな方法で。↓↓
————————————
※ 週刊・良くなる通信(第4回)
下部:『100%行動できる方法』

週刊[良くなる通信](04)『やる気』を[因数分解]!?


————————————

『100%行動できる方法』は、自分自身が何か「新しいこと」
をはじめたいときに使ってみて下さい。

本当にやってみると、「効果」を実感していただけると思います。

さらに[初動]に効果的な方法もあります。
「部下指導」など、他人に対して使いたいときの方法は、もっと
手っ取り早い方法もあります。

その方法も、追々このメールマガジンでご紹介していきます。

次回は、2つ目の[落とし穴]について。

●[継続]の段階

に仕掛けられている[ワナ]についてお話していきます。
「3日坊主のヒミツ」についてです。

コレも「知ってる」と「知らない」だけで[大違い]の結果を
生み出しますので。

次回の[週刊版]メールマガジンも楽しみにしていてください。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

CAPTCHA