週刊[良くなる通信](10)カンタンに「思考」を変えてしまう方法

異国でも日本でも効果あり![共通]で使える「みんなのグローバル化」実践メールマガジン

週刊[良くなる通信](10)


いともカンタンに「思考」を変えてしまう方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小園です。

 さてさて。
 今回もいつものシリーズです。

 ———————————————————–

  ◎『 どのようにすれば、
     コトバも常識も異なる中国人スタッフが、

     思い通りに『 行動 』してくれるだろうか? 』

 ———————————————————–

 こんな「問いかけ」から始まったこのシリーズ。

 —————————————–

 ◎ コトバも常識も異なる中国人スタッフを
  思い通り「行動」させてしまう方法

 —————————————–

 コチラをお送りします。

 09号では、「中国でもバッチリ使える!」

  ●「できない」が「できる」になれる4ステップ!

 をお送りしました。

 [自動車の運転]が「できる」ようになるステップで【実験】
 しながら、[ホウ・レン・ソウ]が「できない」背景を分析
 してみました。

——————————-
 ⇒ ※ 週刊・良くなる通信(第9回)
   「できる」になれる4ステップ
   ※ 日本でもガッツリ使えます↑↑
   ——————————-

 [無意識のできる]になった次のステップ、「ステップ5」も
 あるのですが、、、。
 それは、また次のテーマで。

 今回は、予告していたテーマ。

 ——————————————————–

  ● いともカンタンに[思考]を変えてしまう方法 

 ——————————————————–
 
 コチラをお送りします。

 『 は?
   「思考」をカンタンに変えてしまうだって!?

   そんな都合の良い方法があったら、苦労しないよ。。 』

 なんてご意見があるかもしれませんが。
 コレ、【誰でもできます】よ。

 「特別な訓練」なんて、なくても【できます】。
 「人格」「性格」「思想」も関係なく【できます】。

 むしろ、

  ● きっと、あなたも「気付かぬうちに使っている」

 と思います。

 そう。
 ただ、[意識せず][価値があるとも思わずに]
 日常的に使っている、、かもしれない方法なんです。

 先日[最大のキモ]とお伝えした『気付き』に直結しています。

——————————-
 ⇒ ※ 週刊・良くなる通信(第8回)
   [最大のキモ]、『気付き』について
   
   ——————————-

 『気付き』を与えるには「この方法」をすれば良いだけ、、です。

 さて、その「方法」とは・・・!?

 今回のテーマは「深~~い」です。
 ぜひ、5分だけ時間をとって、しっかりチェックして下さい。
 
 それでは、[週刊版]メールマガジン第10号です。
 今回も、ぜひ最後までご一読ください。

◎【 今日の[良くなる]ヒント 】━━━━━━━━━━━━━━◎◎◎

 ● あなたの『 〇○〇○ 』を変えるだけで、
  いともカンタンに[思考]が変わってしまう。

–《前回の復習》—————————————————-

 [学習の4ステップ]
 ● Step1:[無意識]の「できない」レベル
 ● Step2:[ 意識 ]の「できない」レベル
 ● Step3:[ 意識 ]の「できる」レベル
 ● Step4:[無意識]の「できる」レベル

 「できる」になるための最初のステップは「存在を認識させる」こと。

——————————————————————–
 ※ 前回・第9回 :「できる」になれる4ステップ
   をお見逃しの方は、コチラ↓↓
 http://koozoo-hr.com/526
——————————————————————–

◎◎◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 このメールマガジンでお伝えしている方法は、、

 ● 今ある[人的資源だけ]で、お金もかけずに、
   しかも、[カンタンに]できる方法

 です。

 そんな「おいしいとこ取り」の方法は、
 普段は見過ごしてしまっている「当たり前」の中にある、、
 そんな風にお伝えしてきました。

 今回のお話は、見過ごしてしまっている「まさしくそのもの!」
 という内容だと思います。

 答えを「教える」、、をしてしまうと、
 わずか「4文字」で終わり。

 でも、この「4文字」を伝えるために、その1250倍ほどの
 文字量を費やします。

 何のために?

 それは・・・

 では、いつも通り【実験】から行きましょう!
  
 【 実験1 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 以下の中で、あなたが「YES」と感じる項目はどれですか?
 該当するものを全て挙げてください。

 (1)日本人は「帰納」的思考、中国人は「演繹」的思考
 (2)日本人は「集団主義」、中国人は「個人主義」
 (3)日本人は「時間に厳格」、中国人は「時間にルーズ」
   
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いかがですか?

 『 ん~、、全部「YES」かな 』
 『(1)は、違うと思うんだよね 』
 『(3)は、思い当たることあるな~ 』

 などなど。

 色んなご意見があると思います。

 これら(1)~(3)に挙げたような「中国人は○○」論。
 このメールマガジンをお読みの方であれば、きっと
 色んなところで「耳にしてきた」のではないでしょうか?

 私が上海に来たばかりの2003年頃も、こういった、、
 「中国(人)は○○」という中国論、中国人論を語る
 セミナーが、数多く開催されていました。
 そういった書籍も多かったですよね(今でも?)。
 
 どこの本や雑誌の記事を見ても、「中国(人)は○○」
 という話ばかり。

 私もたくさん読みました。
 何も知らない「中国」を知る、、という意味では役に立ち
 ました。

 90年代から始まった「投資ブーム」以来、
 「中国事業」「中国進出」と言えば、ざっと20年もの間、
 繰り返し繰り返し、ずーーっと語られてきている気がします。

 そして、いつの間にか「現場」では、当然のごとく

  ● 「中国だから、○○○」

 とか、

  ● 「中国人だから、□□□」

 という[思考]が、私たち日本人の中に
 できあがっているような気がします。

 ・・・こういった「中国論・中国人論」が花盛りの頃。
 中国のことが何も分からないまま、「現場」に放り込まれた
 2003年当時の私(コゾノ)は、戸惑っていました。

 「中国人は、○○」と言われても、

 『 ・・・で? 』 

 、、、と。

 『 理由は分かった。あなたの言う通りなのかもしれない。
  でも、私(コゾノ)は、そんなことを聞きたいんじゃない。
 「どうすれば良いのか?」を聞きたい、知りたいんです! 』

 、、、と。

 あなたもこんな風に思ったこと、ありませんか?

 さて、本題です。

 つまり、、、ですよ。

 ————————————————–
 
 (1)~(3)のような「中国人は、〇○」とは、
  ◎ 「どうすれば良いのか?」の回答[ではない]

 ————————————————–

 ですよね。
 [重要]なので、もう一度繰り返します。  

 ————————————————–
 
 (1)日本人は「帰納」的思考、中国人は「演繹」的思考
 (2)日本人は「集団主義」、中国人は「個人主義」
 (3)日本人は「時間に厳格」、中国人は「時間にルーズ」

これらは、「どうすれば良いのか?」という、

  ◎「問いかけ」に対する回答[ではない]

 ————————————————–

 ですよね?

 例えば、、

   コゾノ:「どうすれば良いですか?」
   A先生:「それは、演繹的思考だからです」

 とか、

   コゾノ:「どうすれば良いですか?」
   A先生:「個人主義だからです」

 ・・・こんなの[会話として成立してない]ですから。

 では、、次の【実験】です。

 ちょっと考えてみて下さい。

 【 実験2 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 以下の項目が、適した「回答」となるような「問いかけ」とは
 [どのような問いかけ]でしょうか?

 (1)日本人は「帰納」的思考、中国人は「演繹」的思考
 (2)日本人は「集団主義」、中国人は「個人主義」
 (3)日本人は「時間に厳格」、中国人は「時間にルーズ」
   
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ・・・例えば、

  ◎[なぜ?(=Why?)]

 という「問いかけ」に対する「回答」。

 もっと突っ込んで言うと、、

  ◎[なぜ、うまくいかないのか?]
   (もしくは、「違う」のか?)

 という「問いかけ」に対して
 (1)~(3)は、「うまくいかない」その「理由」
 の「回答」になっていますよね。

 例えば、、

   コゾノ:「なぜ、うまくいかないのでしょうか?」
   A先生:「それは、演繹的思考だからです」

 とか、

   コゾノ:「なぜ、うまくいかないのでしょうか?」
   A先生:「個人主義だからです」

 これなら、[会話も成立]しています。

 もしかしたら・・・!
 私たちの中に「根強く」はびこっているこの[思考]、、

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎「中国人は(中国は)、○○」という[思考]は、
  「なぜ?」という「問いかけ」に導かれたモノ

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 なのではないでしょうか。

 「なぜ、時間を守れないのか?」
 「なぜ、事実を見ずに自分の主張だけに固執するのか?」
 「なぜ、給与を見せ合うのか?」
 「なぜ、給与の金額にこだわるのか?」

 「中国人論」で語られているその多くは、
 こういった「なぜ?」に対する回答のような気がします。

 そして、「なぜ?」の裏には、、

 ◎「日本では、そうではないのに」

 が隠れているのではないでしょうか。

 そして、「なぜ?」という「問いかけ」には、
 もう1つの大きな特徴がありました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「なぜ?」の「問いかけ」は・・・

   ●「できない理由」は、教えてくれる。

    でも、

   ●「できる方法」は、教えてくれない。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「中国人は(中国は)、○○」

 前述したように、もう20年、、いやそれ以上の期間
 分析・研究し続けてきていると思います。

 しかし・・・。

 中国の「現場」を11年間見続けて感じるのですが、
 現在の「現場」で起こっている問題は、11年前とそう
 大きく変わっていない気がします。。

 20年間、「現地化」が叫ばれ続けてきました。
 「なぜ?」は、分かっているハズなのに、
 「現地化」が実現できた会社は、まだまだ「一握り」だけ
 のような気がします。。

 やはり、「なぜ?」だけでは、
 「できる方法」が見えないのではないでしょうか。

 では、どうすれば良いのか??

 凝り固まってしまった[思考]を変えることはできるのか?

 --はい。カンタンです(笑)! 

◎【 今日の[良くなる]ポイント 】━━━━━━━━━━━━━◎◎◎

 ● あなたの『 問いかけ(しつもん) 』を変えるだけで、
   いともカンタンに[思考]が変わってしまう。

◎◎◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

 例えば、今お送りしているメールマガジンのシリーズ。

 ———————————————————–

  ◎『 どのようにすれば、
     コトバも常識も異なる中国人スタッフが、
     思い通りに『 行動 』してくれるだろうか? 』

 ———————————————————–

 ここでは、『 どのようにすれば? 』
 と「問いかけ」ていますよね。

 この「疑問文」を読んでみて、今、何を考えてます?

 「コトバ学ぶ、、とか?」
 「心理学使う、、とか?」
 「超能力使う、、とか?」
 「思い通りに動くヤツだけ採用する、、とか??」

 など、「できる・できない」は抜きにしても、
 何らかの「アイデア」が[思い付いた]かもしれません。

 もしくは、

 「え~、、どうすりゃいいのかな?」

 って感じですか?
 でも、コレも[できる方法]を考えてますよね?

 ポジティブな傾向ですね!

 一方、『 なぜ? 』の「問いかけ」は、こんな「疑問文」
 になります。

 ———————————————————–

  ◎『 なぜ、
     コトバも常識も異なる中国人スタッフは、
     思い通りに『 行動 』してくれないのだろうか? 』

 ———————————————————–

 さて。

 この「疑問文」を読んでみて、今、何を考えてます?

 「コトバ通じへんし、、な。」
 「日本人、キライやから、、かも」
 「愛社精神ないから、ちゃう?」

 などでしょうか?

 ・・・あれ?
 いつの間にか[できない理由]を考えてますよね。 
 しかも、総じてネガティブです、、。

 ほら!

 ◎ [思考]が変わってます!

 「問いかけ」を変えただけ、、で。

 そうです。

 「できる方法」を見付けたければ、
 自分にこう「問いかけ」てください。

 ————————————————-

 ◎『 どのようにすれば、○○できるだろうか? 』

 ————————————————-

 と。

 わずか[それだけ]です。

 [それだけ]なのですが、先に見たように

 ● 出てくる「アイデア」が違います。

 なので、必然的に

 ● 実際の「行動」も変わります。

 これは、「相手」に対して使っても同じ効果が期待できます。

 「なぜ、できないんだ!!」

 ではなく、

 「どのようにすれば、できると思う?」

 と「問いかけて」みる。
 「しつもん」してみる。

 ただ「それだけ」で、相手の「コトバ」が変わります。
 「行動」も変わります。

 第3号でご紹介した、私が「毎日10分遅刻してくる従業員」
 をわずか2週間で「遅刻ゼロ」にしたときのハナシは、この
 応用です。

——————————-
 ⇒ ※ 週刊・良くなる通信(第3回)
   
『行動』とは『シミュレーション』
   ——————————-

 [思考]を変える

 そのためには、[問いかけ(しつもん)]を変えるだけ、、。

 わずか、この「4文字」を伝えるために、5000字ほど
 費やしてきました。

 ながながとお付き合いいただき、ありがとうございました。

 [問いかけ(しつもん)]の[存在を認識]して頂けたなら、
 [無意識]を[意識化]できたなら、嬉しい限りです!

——————————-
 ⇒ ※ 週刊・良くなる通信(第9回)
   「できる」になれる4ステップ
   ——————————-

 次回の[週刊版]メールマガジン、第11号もお楽しみに!

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎ 編集後記 ◎

 今回は、話をどう展開させるかに苦戦しました・・・!
 久しぶりに脳みそに汗かいた気分です。。

 いかがだったでしょうか?

 今回のような話も、文章ではなく「セミナー」でお伝えすべき
 なんでしょうね。。

 この話から「使えるノウハウ」にどんどん展開できますから。。

 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

       コゾノ式 みんなのグローバル化研究所:小園英昭

コメントを残す

CAPTCHA