【実践コゾノ式】[第1計]日本人管理者の9割がハマってしまう落とし穴?

異国でも日本でも効果あり![共通]で使える「みんなのグローバル化」実践メールマガジン

実践[良くなる通信]


[ 兵法三十六計 ]に学べ!労務トラブル[実践]対処法

( 第1計 )日本人管理者の9割がハマってしまう落とし穴とは?

 小園です。

 さて、お待たせしました。
 「新シリーズ」です。

 —————————————————-

 ●[ 兵法三十六計 ]に学べ!
  『こうなったらお手上げ!』になってしまう
              トラブルの[実践]対処法

 —————————————————-

 コチラをお送りします。 

 『 駆け引きのテクニック集 』
 としても名高い

 ◎[ 兵法三十六計 ]

 コチラを[教材]にして、
 組織内、組織間で発生してしまう
 「お手上げ」と思われるような
 トラブルにすら「対処方法」を
 ご提示してしまおう!

 そんな大それた「新企画」です。
 [コゾノ式]の挑戦です。

 今回から取り上げるのは、、

 ————————————————–

 ◎『 社内で「不正行為」が行われる策略パターン 』

 ————————————————–

 とお伝えしました。

 ぶっちゃけ、
 これをやられると「お手上げ」状態
 になってしまいます。

 しかも、日本人管理者であれば

 ●9割以上が「意識せずとも、ハマってしまう」

 「落とし穴」とも言える
 [恐怖のパターン]です。

 それは、どんな「策略」なのでしょう?
 また、どんな「対策」ができるんでしょうか??

 早速ご紹介を・・・と思ったのですが。

 その前に。

 [兵法三十六計]ってご覧に
 なられたことあります?

 ———————————————————-
インターネットの百科事典『Wikipedia』:「兵法三十六計
 ※ リンクが上手く表示されないときは、「兵法三十六計」で
   検索してみてください。
 ———————————————————-

 例えば、こんなことが書かれてます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎ 第一計[瞞天過海(まんてんかかい)]:天を欺きて海を渡る

   意味:敵に繰り返し行動を見せつけて見慣れさせておき、
      油断を誘って攻撃する。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「なるほど。確かに。
  ・・・で?」

 って思いませんでした?

 当たり前のこと、、、
 ですよね。
 
 こんな当たり前のことなのに、

 ● 9割以上が「意識せずとも、ハマってしまう」

 
 って、不思議じゃないですか?

 [9割]ですよ。

 もちろん、
 私自身もきっとやられちゃいます。
 「知っていても」やられちゃいます。

 11年も現場で同じ仕事をして
 いますので、
 [不正行為のパターン]も
 かなり詳しいです。

 「工場を一回りするだけ」で
 どこでどんな不正行為が行われて
 いる可能性があるかを言い当てて
 しまうような「達人」の友人から
 数々のレクチャーを受けてきましたし。

 [三十六計]の内容も
 全部知っているのに、
 きっとやられちゃいます。

 もし、誰かに本気で仕掛けられたら。。
 

 なぜ、、、だと思います?

 各論の詳しい話に入る前に、
 まず、ココを知っておいていただく
 必要があります。

 なぜ、「知っていても」ハマってしまうのか?

 この理由を知ることが、
 [兵法三十六計]を有効にご活用
 いただくことに直結しますから。
 

 ---

 [コゾノ式]では、
 ポイントを3つに絞り込みました。

 キーワードで表すと、、

 ——————-

 その1:[日常]

 その2:[主導権]

 その3:[陰陽(いんよう)]

 ——————-

 この3つのポイントを抑えておけば、
 有効な「活用方法」がわかります。
 

 ・何を仕掛けられて、
 ・何に、
 ・どう注意して、
 ・どう対処すれば良いのか?

 がわかります。

 今回は、
 「なぜ、わかっていてもハマってしまうのか?」

 その理由となる、

 ——————-
 その1:[日常]
 その2:[主導権]
 ——————-

 についてご説明しますね。

 まず、その1から。

 「不正をする側」も
 「不正に対処する側」も
 ポイントは、

 ● 日常(平時)

 にあります。

 コトが起こってしまった[戦時]
 ではなく、
 コトがまだ起こっていない[平時(=日常)]
 にポイントがあるんです。

 ココ、ものすごく重要です。

 どう見ても劣勢極まりない[戦時]で
 起死回生の大逆転・大勝利に導けるような、、

 ●「魔法のテクニック」

 をお伝えしようとしている
 のではありません。

 ・・・ちなみに[兵法三十六計]では、
 劣勢極まりない状況の場合は、、

 ● 逃げろ!
  ※ [第36計]走(逃)ぐるを上と為す

 って言ってますから。

 [兵法三十六計]は[戦時]ではなく

 ● 平時(=日常)にこそ、活用の場がある

 ものすごく重要ですよ!
 ぜひ、覚えておいてください。

 では、何も起こっていない
 [日常]に仕掛けられること、とは何なのでしょう?

 それが、「その2」にある

 ● [主導権]を得ること

 と読み取ります。

 [主導権]って分かったようで
 よく分からない抽象語ですよね。

 なので、[コゾノ式]では
 [主導権]を持っている側とは、

 ● 意図的であってもなくても
   相手をコントロールしてる状況にある側

 としておきます。

 「見た目の立場が上かどうか」ではなくて、
 「相手を動かしている側」に
 [主導権]があります。

 例えば。

 「親」と「子供(赤ちゃん)」の関係。

 一般的には、
 見た目の「立場」から見ると
 「親」の方が上ですよね。

 「どこに住むか?」を選ぶとき。
 たいていの場合、
 親は子供を「動かす側」に
 いますよね。

 このときの[主導権]は、
 [親]にあります。 
 
 でも、
 例えば、赤ちゃんに「夜泣き」で
 泣きわめかれると、どうでしょう?

 親は、どんだけ疲れていても
 付き合わされちゃいますよね。

 親は[動かされている側]
 になります。

 つまり「夜泣き」されると
 [主導権]は[子供]に
 移っちゃうんです。
  

 このように[主導権]って、
 固定的・絶対的なモノではなく、
 何らかの条件や手段によって
 コロコロと動いてしまいます。

 この[主導権]を奪い合うとき、

 ●「駆け引き」

 って表現しますよね。

 [兵法三十六計]は、
 この[主導権]の奪い合いや、
 その有無によって有利な状況を
 作り上げていくための
 『駆け引きのテクニック集』、、

 こんな風に言っちゃっても
 良いかもしれません。

 会社と従業員の関係も
 同様です。

 「立場」だけから見ると、
 「会社が強い」に見えます。

 でも、「動き方」によっては
 「従業員」が主導権を握る
 こともできるんです。

 どうやって??

 それは、
 
 「心」を攻め、
 「気」を奪い、
 「勢い」を殺ぐ。

 つまり、「心理戦」によって
 です。

 [兵法三十六計]は、

 『 心理戦の具体的なテクニック集 』
 そのもの、、です。

 「心理戦」は相手が油断している
 ときに仕掛けると非常に有効です。

 相手が油断しているとき。
 ・・・いつでしょう?

 そうです!
 キーワード「その1」:平時(=日常)
 ですよね。

 何も起こってない、
 いつもと同じ「フツーの日常」です。

 「フツーの日常」に仕掛けるからこそ
 効果が出るんです。

 『交渉』という[戦時]に
 なってからではなく、
 普段の何気ない[日常]に
 あるから[落とし穴]なんです。

 『「兵法」なんだから、コトが起こったとき
  の戦い方でしょ?』

 って思ってたら「大間違い」ですんで。

 コトが起こってしまったら、
 「お手上げ」になっちゃいます。

 ◎[戦時]でなくて[平時]に使う。

 これ、大原則ですからね。

 [平時(=日常)]に何気に使われる。
 だから、仕掛けられた方は

 「無意識にハマってしまう」
 「知らないうちにやられてる」

 ことになっちゃうんです。 

 これが、

 「なぜ、わかっていてもハマってしまうのか?」

 の理由です。

 先ほどご紹介した[第一計]を
 もう一度みてください。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎ 第一計[瞞天過海(まんてんかかい)]:天を欺きて海を渡る

   意味:敵に繰り返し行動を見せつけて見慣れさせておき、
      油断を誘って攻撃する。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ゴミをポイ捨てしてる。
 言ったことやらない。
 終業時間前に仕事止めてる。

 「ん??」
 と思った光景でも、
 「見慣れる」とどうなります?

 いつの間にか、
 [日常]になってますよね。

 これに乗じて「攻撃」
 つまり、本当にやりたかったこと
 に手を出される・・・!

 相手が意図的に仕掛けていなくても、
 コトが起こってしまう[構造]が
 できあがっています。

 さらに、[第二計]を併せ技で
 やられると、
 ほぼほぼ「ハマって」しまいますから。

 次回は、私自身が「仕掛ける側」
 になって、

  ● あなたに挑戦

 するとした場合の「作戦」を公開する予定です。

 この「作戦」に、
 あなたは心底「私は大丈夫だ!」と
 言えるでしょうか??

 楽しみにしておいてくださいね~。
 

小園拝

コメントを残す

CAPTCHA