◎2020.01.27 上海は2月9日(日)まで春節休暇を延長に

 

 ■ 上海では、春節休暇が2月9日(日)まで延長することになりました。

 ————————————————————
  出所:上海発布他(原文)
  https://baijiahao.baidu.com/s?id=1656868281387664789&wfr=spider&for=pc
 ————————————————————

 コゾノです。

 先ほど、上海市の春節休暇についての緊急通知が発表されました。

 『上海市内の各種企業は2月9日の24時前に再稼働してはならない。

  ただし、
  都市の運行を保障する業界(給水、ガス、電気供給、通信などの業界)、
  疫病防止の業界(医療機器、医薬品、防護品の生産と販売などの業界)、
  大衆生活必需品の業界(スーパー、食品生産と供給などの業界)及び
  その他重大に関連する業界、国が民生を計画する関連企業を除く。

  また、
  雇用企業は法により従業員の合法的権益を保障しなければならない。』

 とのことです。

 この休暇延長の対象外となる「4つの業界」については、
 本日(27日午後3時)行われた記者会見の席上では、以下のような
 補足説明もあったようです。

 『第一に、都市の正常な運行を保障するために必要な業界、
  例えば水道・電気・ガスなど生産、供給企業、及び通信企業など。

  第二に、市民の日常生活を保障するために必要な業界、
  スーパーマーケット、野菜市場、食品生産の供給者、飲食、物流
  など。

  第三に、疫病防止に必須の業界として、医療機器、薬品、防護品
  の生産と販売などの業界が含まれる。ただ、これらの業界の一部の
  企業に対しては、春節休暇の取消しを促している。』

 つまり、これらの業界以外は、春節休暇を少なくとも9日まで
 延長しなければならない、、ということのようです。

 『第四に、その他重要な国策に関わる業界と大規模な工事建設プロ
  ジェクトがある。これらの企業に対しては、工程の進捗と生産能力
  を合理的に手配し、できるだけ人員の流動を減少させなければなら
  ない。』

 加えて、
 特に人の集まる製造業などでは、地方に里帰りしている従業員
 の帰還を遅らせろ、、と。

 会社を稼働させられない期間が長引いてしまいますね。。

 ただし、

 『雇用企業は法により従業員の合法的権益を保障しなければならない。』

 とあります。

 この「休暇の延長期間の保障」内容についての詳細は見つけることが
 できなかったのですが、基本的には以下のようにお考えいただいた方が
 良いかと思います。

 ● 休暇の延長期間中も[正常出勤とみなして給与も満額支給]

 2003年のSARS、2009年の金融危機も同様だったのですが、
 『危機の発生した初月については従業員の待遇は満額保障』が
 原則ですので。

 2ヶ月目以降に長引き「完全自宅待機」が継続するような場合は、
 何らかの会社に対する救済措置が発表されると思われます。

 過去の例では、「2ヶ月目以降は最低賃金を下回らない給与」
 という方策がありましたので、おそらく今回もこれが基本になる
 と思われます。

 この辺りも詳細が分かりましたら、またご報告します。
 

        コゾノ式 良くなる人事・組織研究所:小園英昭