いよいよ4月1日から[新]就業証。何が変わるの?

いよいよ2017年4月1日から中国全土で新しい『就業証』制度がスタートします。

今までは、▼こんな▼でした。

 

 

 

 

 

 

←駐在員さんにはおなじみの『就業証』

 

パスポートみたいな冊子です。

今まで、中国では
「アンタは外国人だけど働いて(報酬を得る仕事をして)良いですよー」
という就労許可証が2種類ありました。

『就業証』と『外国人専門家証』です。

これが4月からは、新しく『工作許可証』に一本化されます。

▼こんな▼風になるそうです。

 

 

 

←新しくなる『工作許可証』

 

 

 

 

 

なんだか、中国人の持っている「身分証明書」みたいです。

 

4月以降に変わるのは、見た目や名称だけではありません。

大きなポイントは、以下の2つです。

(1)外国人の資質に応じて『A類』『B類』『C類』に格付けされる

コレ、巷でウワサになってます。
[ポイント制]っていうヤツです。

でも、誤解もめちゃくちゃ多いです。

今回の新制度では『安心な人』と『心配な人』がハッキリ分かれます。

あとで詳しくお話ししますね。

 

そして、もう1点見逃せない重要な変更点があります。

それが、、

(2)外国人に[個別ID]が割り振られ、全情報が[電子化]される

ご存知でした?

電子化されたデータは、関連各局で[共有]されます。

『人社局』のみならず、『入国管理局』、『公安局』、
そして『税務局』とも繋がるそうです。

つまり・・・!?

これは、影響出てくると思いますよー。

2016年11月から一部地域で行われていた「試験運用期間」を経て、いよいよ4月1日から全国導入。

どんな制度なんでしょうか??

『安心な人』ってどんな人なのか?
『心配な人』って??

これから新制度を詳しくご紹介していきますので、ぜひご注目ください。

 

コメントを残す

CAPTCHA